【お出かけまちキョン】小浜小学校区まちづくり協議会「第26回 小浜宿桜まつり」に行ってきたよ!

左手を挙げて右目をウィンクしているまちキョンこんにちは、まちキョンです!

今回で20回目のお出かけだよ!まちキョンのことを知りたい人は「まちキョンの部屋」を見てね♪

小浜小学校区まちづくり協議会「第26回 小浜宿桜まつり」に行ってきたよ!

4月7日(日)に小浜宿で行われた「第26回 小浜宿桜まつり」に行ってきたよ!小浜は毫摂寺(ごうしょうじ)の寺内町として、また3つの街道が交わる宿場町として、歴史あるまちなみを今に残している地域なんだ。

まちキョンがやってきたのはメイン会場になる毫摂寺の境内だよ。毫摂寺には、豊臣秀吉が湯治のため有馬へ行く途中、千利休と一緒に訪れたというお話が残っていたり、他にも豊臣家とのゆかりがあるお寺なんだって。

メイン会場となる西本願寺派毫摂寺にやってきました。門の横のお寺の名前が書かれた看板の前にまちキョンが立っています 毫摂寺の境内に入りました。中に設置された「小浜宿まつり」の案内板の前にまちキョンが立っています。まちキョンの後ろにはきれいに咲いている桜が見えます

境内には桜が咲いていて、まさに満開!ピンク色のお花がとっても綺麗だったよ♪天気がよく晴れた、ポカポカ陽気の過ごしやすい1日で、会場を訪れる人がたくさんいたよ!

境内の中にまちキョンが立っています。向かって左側後ろに石碑、その後ろには、きれいな桜の木が花をいっぱいつけています。 毫摂寺の境内に立ち並ぶ桜の木々の満開の姿が写っていいます。建物がその後ろに見え隠れしています。 毫摂寺の境内の桜の木々ぐっと近づいて、一つひとつの花びらがしっかり見えています。それをまちキョンがうっとり眺めるように立っています。

桜まつりは10時から20時までの間に、ステージでの発表やパレード、ビンゴ大会など盛りだくさん!会場には西谷の新鮮なお野菜販売にカレーやクッキーの販売、ゲームやガレージセールなどもあって、思い思いに楽しい時間を過ごせるおまつりなんだよ♪

毫摂寺の境内の洋館のような建物「開基堂」の横では、西谷の新鮮なお野菜を運んで来たトラックがとまっています。その周りにお野菜が並べられていて、人が集まっています。少し離れたところにまちキョンが立ってその様子を眺めています。 毫摂寺の本堂前に緋毛氈を敷いたステージが設けられていて、その前には、参加者と思われる方や見物に来た人が集まり始めています。その向こうには満開の桜が写っています。 毫摂寺の本堂前に設けられたステージの周りに、ステージを見ようとする人たちが集まってきています。ステージの後ろに本堂、左右にはステージを囲むように桜が写っています。

ステージでは、色々な団体が演奏や踊りを披露してくれたよ。まちキョンが到着した時には、ちょうど開会のご挨拶が始まったところだったんだ。ご挨拶の後からステージでの発表が開始!オカリナ演奏から始まって、和太鼓の演奏や沖縄の伝統的な踊りに阿波踊りなど、見どころ・聞きどころたっぷりのステージだったよ!

緋毛氈を敷いたステージ上で、お揃いの衣装を身に付けた7名の出演者たちがオカリナ演奏が披露しています。少し離れたところにまちキョンが立って見ています。

太鼓の演奏では、2つの団体が演奏を披露していたよ♪

先にステージに上がったのは和太鼓集団「熱光(ひかり)」のみなさん。良元コミュニティの区域にある「くらんど人権文化センター」を拠点にして活動してるそうだよ。いくつもの和太鼓の音はどっしりとしていて、叩くたびに音がお腹に響くんだ!とっても力強さを感じる演奏だったよ!

元気な和太鼓集団「熟光(ひかり)」のみなさんが大きな太鼓や小さな太鼓で力強く演奏しています。お揃いの赤い法被姿で元気なみなさんです。 元気な和太鼓集団「熟光(ひかり)」のみなさんの、一番後ろで威勢よく大太鼓をたたく姿が写っています。ドンドンと音が聞こえてくるようです。

もう一方は、山口子ども太鼓クラブ”祭”のみなさん。宝塚のお隣、西宮市山口町で活動する団体なんだ。演奏の前には女の子が代表して、とっても大きな声で演奏曲の紹介などをしてくれたよ。こちらは子どもたちだけでの演奏なんだけど、小さな身体を大きく使った迫力ある演奏だったよ!

ステージで、山口子ども太鼓クラブの子どもたちが「祭」を演奏しています。前に大太鼓を並べて、大きく手をあげて太鼓を打とうとしています。 ステージで、山口子ども太鼓クラブの子どもたちが演奏しています。後ろに並ぶ子どもたちは大きな声で歌っています。前に並ぶ子たちは、大太鼓や締太鼓をたたいています。 ステージ上で、山口子ども太鼓クラブの大太鼓を打つ子どものアップ写真です。ステージに仰向けに寝て、大太鼓を足の膝から下で支え、上半身を半分持ち上げるような姿勢で、力強く大太鼓を打っています。

阿波踊りでは「深雪連(みゆきれん)」のみなさんが踊りを見せてくれたんだ。踊り披露の後にはステップの説明をしてもらって、周りで見ていた人も一緒に踊ったんだよ!踊る人も見ている人も自然とニコニコ笑顔になって、とっても楽しい時間だったよ♪

阿波踊りを踊りながらステージに向かう出演者のみなさんです。その前方には、誰もいない緋毛氈のステージが出演者を待っているかのように写っています。 ステージの上で、阿波踊りを気持ちよさそうに踊っている出演者のみなさんです。緋毛氈には踊るみなさんの姿の影が映っていて、影も楽しそうです。 阿波踊りのステップの解説を聞いた見物人の人たちが、踊りの輪を作ろうとしています。みんな笑顔で楽しそうです。

沖縄エイサーと沖縄踊りでは、三線の音楽や沖縄民謡の歌声、太鼓の演奏や色鮮やかな衣装に身を包んだ優雅な踊りなど、沖縄で育まれてきた伝統を身近に感じるひとときだったよ♪

ステージの上で、大太鼓や締太鼓をたたいて沖縄エイサーを演じる若者たち。大太鼓にはレキオと書かれています。 ステージの上で、太鼓を抱えて沖縄エイサーを踊る若者たちが写っています。少し離れたところからまちキョンがその演奏と踊りを眺めています。 ステージの上で、沖縄の独特の衣装を着て、花笠を両手で前に持って、三線と沖縄民謡の歌声に合わせて琉球舞踊を踊っています。 ステージの上で、沖縄舞踊を踊っています。沖縄の独特の衣装を着て、花笠を右手で持ち上げ、左手と左足を前に出しています。

メイン会場を飛び出して他の会場にも行ってみたよ♪小浜小学校の敷地内にある小浜まち協会館では、山菜おこわやうどんを販売。桜を見ながら食べるお昼ご飯はとってもおいしそう!

毫摂寺のメイン会場を出て他の会場に向かったまちキョン、小濱宿の入り口前にきました。まちキョンの後ろには街道沿いの満開の桜が写っています。 小浜まち協会館前にまちキョンが来ています。道沿いに桜の木々が満開に咲いています。桜の木の下ではたくさんの人がお花見を楽しんでいます。まちキョンの立っている後ろに、山菜おこわやうどんの露店の黄色いテントが遠く見えています。

小浜小学校の運動場ではガレージセールが開かれていて、たくさん出店されていたよ!色々なものが並んでいて、見て回っていると楽しくなってくるね♪会場に来ていたみなさんも興味津々!お気に入りのものは見つかったかな?

小浜小学校の運動場にやってきました。ここは、小浜宿桜まつりのガレージセールの会場になっています。「小浜宿桜まつりのガレージセール」と書かれた垂れ幕の前にまちキョンが立っています。 小浜小学校の運動場の中に入ってきました。運動場では、小浜宿桜まつりのガレージセールの真っ最中です。広い運動場のあちこちでパラソルやテントを張ってガレージセールをしていて、そのまわりに多くの人が集まって来ています。その様子を遠く背にしたまちキョンがこちらを向いて立っています。 小浜小学校の運動場の中で行なわれているガレージセールに興味津々のまちキョンです。きょろきょろと店をまわり歩いているまちちキョンが写っています。

ステージが一段落した後にはパレードの時間!毫摂寺のすぐ近く、小浜宿資料館の前にみんなで集合。そこにはとっても大きな太鼓を載せた、提灯飾りがされた「太鼓台」が!これをみんなで曳(ひ)いて回ったんだ。交差点を曲がるときには、男の人たちが力を込めて方向転換!大きな太鼓台の方向をその場でググッ!と変える様子は迫力いっぱいだったよ♪

まちキョンが通りに出てきました。まちキョンの後ろにはパレードが近づいていて、パレードを多くの人が見にきています。 パレードがやってきました。太鼓台が目の前に迫ってきました。 太鼓台を大勢の人が背負っている様子が写っています。太鼓台の上では大きな大太鼓をたたいています。 通りをこちらに向かって太鼓台が近づいてきています。その前を、子どもや子連れのお母さんたちが、太鼓台を先導するように歩いて近付いてきます。

パレードの後にはビンゴ大会や太鼓演奏など、おまつりはまだまだ続くんだけど、今日のまちキョンのお出かけはここまで。

小浜は歴史を感じるまちなみや史跡が残っている地域。そんな中で和太鼓の演奏や伝統の踊りを見たりしていると、楽しい気持ちに加えて、この小浜や宝塚というまちがどんな歴史を歩んできたのか、どんどん知りたくなってきたんだ。

みんなも小浜宿資料館を訪れたり、まちを歩いてくれたら嬉しいな♪今まで知らなかったことがたくさん見つかるかもしれないよ!

 

これからもいろんなことをたくさん知りたいな!みなさんよろしくお願いします!

にっこりして手を頬に添えているまちキョン

 

シェア!